'20/1/3(金) 第19回YAMADAこどもチャレンジ杯の結果
'20/1/3(金)にさいたま市で行われた『第19回YAMADAこどもチャレンジ杯』の結果
  • J1 部門(初段以上)参加の佐藤陽くん : 2-0 で予選突破しましたが、 決勝トーナメント1回戦で強豪小池くんと当たり敗戦。
    その小池君を破った美濃島紡くん(千葉・小4)は小学生団体戦に兄弟3人でチームを組んで参加し、 全国大会で三位入賞の強豪。 なお、J1は優勝=木本陸斗くん(横浜・小5)、準優勝=林啓太くん(埼玉・小4)、三位は紡くんと佐々木翔くん(横浜・小4)で、 いずれも県外勢、小学生でした。 小学生≧中学生はしょうがないですね。
  • J1 部門(初段以上)参加の高平優月さんは 1-2 で惜しくも予選敗退。 レベルの高いこのクラスでの1勝は素晴らしい。 力が付いてきている証でしょう。
  • J3 部門(初心〜7級)参加の湯沢平くんは 2-0 で予選突破後 決勝トーナメントで 2回勝ちましたが 3回戦目に敗退
    平くんは best 16 でした。
  • J3 部門参加の石井碧音くん、奏太くん兄弟は惜しくも予選敗退でした。
    奏太くんが予選で 一勝 したそうです。 強くなったね。
  • 沼田からの参加者無しだった J2 クラスの結果。

参加した皆さん、よく頑張ったと思います。
  • 石井くん兄弟はどちらも予選で『1勝』をあげました。 まずは一勝からです。 次は2勝!
  • 平くんは予選を勝ち抜いて決勝トーナメントで 3回戦 まで進みました。 最近の沼田勢の中では最高の成績です。
  • J1 の陽くん。 初段以上のクラスでしたが、予選は 2-0 であっさり通過。 決勝トーナメント一回戦で強豪と当たり惜しくも敗退でした。 次回の活躍を期待しています。
  • J1 の高平さん。 陽くんと同じ初段以上のクラスでどこまで自分の力を出せるか心配でしたが、 予選で一つ勝つことが出来ました。 まだ勝つのは難しいと思っていましたが、着実に力を付けているようで嬉しいです。
みんな、前回より進歩していました。
普段の努力の結果でしょう。
次回の大会では更に上の結果を納められるよう努力しましょう。